看護師の72時間ルール

看護師の72時間ルールをご紹介!


看護師の72時間ルール

看護師には72時間ルールっていうものがあるんです。 この名前を聞いたことがないっていう人もいるかもしれませんので、簡単にご説明しましょう。

72時間ルールの72時間というのは一人の看護師のひと月の夜勤の時間が72時間以内であること、なんです。 夜勤の時間が72時間以内でない場合、点数が低い特別入院基本料というのを算定しなくてはいけないのです。 こうなると病院の経営って苦しくなったりするんですよね。

仮に大都市にある大病院であればもちろん人もいますから、72時間以内に抑えるというのは簡単なことかもしれません。夜勤の人数を増やせばいいだけの話ですからね。 しかし、地方の病院というのはとてもじゃないけどそんなことできないんです。 そんなことをすれば経営するのが難しくなり、ともすれば倒産や閉鎖、なんてことにもなりかねないんです。 もともと人員不足であることに加えてこのルール…勤務は過酷になって看護師が離れていきさらに深刻になるという悪いスパイラルを繰り返してしまうことになるのです。

そして地方の病院が閉鎖されてしまうとそこに入院していた患者さんや通院していた患者さんというのは他の病院に行かざるを得なくなります。 遠くになればご年配の人は通いづらくなるし、体に不自由を抱えているならなおのこと大変になりますよね。

あんまりにも悪影響ばっかり及ぼすルールなのであれば、廃止してもいいような気がするんですけどね…。 あ、ちなみにこのルールに関しては日本医師会も反対しているらしいですよ。 そりゃそうですよね〜…もともと人足りてないのに条件追加するようなことされたら誰だって「やめて!」ってなりますもん。

もう少し、考えたルールを設定してほしいものですよね…。

大阪のコールセンターの看護師求人